ただ二年間書くブログ

仕事あり、妻子あり、一戸建てローンあり、車もあるが裕福かと言われたらそうでもない。不自由だが幸せである、そんな気持ちを表せたら。そして自分らしさって一体どういうことなのか?どうでもいいけど真剣に、二年間毎日書くことが最大の目的であるブログ

読まない方が良い。

人に対して怒りを覚えたり、憎しみを抱くことはあるか?

 

私はこの歳になって本当にいつぶり?というくらい人に対して嫌な気持ちになってしまった。

この先はネガティブな文章になるので読まないことをおすすめして

なんか吐き出すように書き綴る

 

人を嫌うことが何が一番辛いかって

そういう人を引き寄せてしまった自分が至らないと理解してしまうこと。

結局、人間関係というのは相互に作用するわけで

通りすがりの人に怒鳴られたとかなら、地雷を踏んだ、うんこを踏んだ

まあ仕方ない、というくらいで引きずることもないのだが

継続的に関わる人を嫌いになってしまった場合は、その人を多角的に取られて好きになれなかった自分にも至らなさがあったと考える癖がある。

 

それの最大級が襲ってきた今日この頃

 

本当に心が辛い。

 

なんでそんな風にしか生きられないのだ、と相手に対して思ってしまう

そしてそう思ってしまう自分が悲しくなる

そんな人間関係を持ってしまう人生が暗くなる

 

そんな人とは関わらず自分の人生を大切にしようという気持ちになる。

人を切ることになる。

 

不本意だ。

 

出会った人、関わった人に感謝して生きていきたい。

 

現実そうもいかないらしい。

 

にしてもここまでひどい事例は久しぶり、十代前半とかならあったかもしれないが、もういい歳だ。

やっぱり自分が成熟していなかったり達観しきれていないせいだと思って情けなくなってしまう。

 

怒りとは

真っ赤に焼けた石を誰かにぶつけてやろうと握っている状態である

結果、焼け焦げるのは自分の手なのだ

ブッダの言葉だったかな

 

自分の手を焼かないために怒りを上手に処理しなくてはならない

もちろん怒りに任せた感情表現をしたりはしない

アンガーマネジメントはできる

 

しかし、表出はせずともうちに秘めたものを上手にコントロールできているとは言い難い

これはアンガーログなのか?

 

妻や子供に辛く当たらないように注意もする

神経が疲れる

どこで放出すればいいのか?このストレス

サウナはととのわない

 

アルコールは原始脳を活性化し怒りを増幅させる

 

本当は

何も知らない誰かに洗いざらいぶちまけて

あなたの気持ちはよくわかる、と共感肯定してもらえることが一番なのだろう。

 

はあ

 

ため息がでる。

ホーム画面の一番下の4つのアプリを記憶してるか?

今週のお題「ホーム画面」

 

ホーム画面は見せるわけにもいかない。あまりにプライベートな情報が満載だからだ。

私の場合はホーム画面に出ている情報で個人を特定される可能性もある。

だからこのブログに載せるつもりはない。

 

ホーム画面か。

これはスマホのことをさしていると認識して正しいか?

パソコンの場合はホーム画面っていうのか?ちょっとわからない。

 

iPhoneiPadのホーム画面のことだと思ってしまう。

私はiPadは所有していない。

iPhoneのホーム画面へのこだわりなら少しばかりある。

 

まずは一番下の4つだが、

 

あれ?

 

いま手元にiPhoneがないのだが、一番下の4つはなんだったかわからない。

確実に4つのうちに入っているのはLINE

これは使用頻度がダントツで高いという理由で入れてある。

ほかの3つも同じだが、どうしたことが思い出せない。

 

PayPayも入っているはずだ。ほとんど毎日使うアプリだから4つのうちに含まれる。

残り二つが全くもって思い出せない。私は一番便利な場所になんのアプリを置いていたのか?

 

ホーム画面にはSNSや、ポイントを貯めるためのアプリ、天気予報、地図、Amazonなどを置いていることが記憶されているが、一番下の4つのうち2つが思い出せない。

 

これは、その2つはそれほど重要じゃないということなのだろうか?

気になる、今すぐみたい。そのためにはこの記事を書き終えてしまえばいい

途中で見に行くこともできるが、こうして書き続けていたら思い出すかもしれない。

でも全く思い出せない。そもそもホーム画面に何個のアプリが入っているのか?

4❌5?6?

いずれにせよ16個=24個の間だ。

 

うーむ

 

まさか電話か?

あ、電話だ。

電話はきっと入っていると思う。連絡先は遠くに飛ばしてしまったが電話はホーム画面にある、そしてそれは一番下の一番左だったはずだ。

 

あとはおそらく一番下の一番右だと思うのだが、わからない。

昔だったら迷わず音楽を聴くためのアプリだったと思うが、いまは

 

あ!

 

ここで閃くように思い出した。

 

写真だ!

 

なんだちゃんと覚えていた、いや覚えてなかったけど思い出せた。

 

すっきりした。ありがとう。なんかありがとう。

私のホーム画面の一番下の4つは左肩以下の順だ

 

電話、LINE、PayPay、写真

 

同じという方もおられるか?

 

さて、一番上は?

 

いやいや終わります。

改めて牛角が美味しいですよ

焼肉戦国時代とも言えるコロナ禍の令和において

私は牛角をあらためて評価している。

 

全くの主観ではあるが、実にちょうどいい。

お笑い芸人の焼肉屋が注目を集めるが、家から歩いていけるわけでもないし

値段もそれなりに庶民には背伸び価格だ。

いくら美味しいものが出てくるからといってそうそういけない。

 

だからといって食べ放題のお店で美味しくない肉をたくさん食べても満足しないのが40代だ。

 

牛角はとても美味しいと感じるし、値段も家族で1万円ちょっとだった。

最後に食べる旨辛ラーメンも気に入っている。

 

私はカルビとハラミを好んで注文するが、牛角カルビと牛角上カルビの違いがほとんどわからない。なんでもいいのでゆっくり一枚ずつ焼き、十分に堪能する。

 

幸せなひとときを経験できる。

 

私が二十代のころ、突如として現れた牛角

ジャズを流し、カルビだけでもタレ・塩、月見などバラエティにとんだメニューが斬新だった。一気に時代を築いたが昨今は味ん味んなどに人気をもっていかれて、一昔前の焼肉屋さんという雰囲気が漂い始めていた。

 

そこに狙いをつけた私は、週末でも予約なしで入れることや

値段の割には十分おいしくね?という気づきに正直になったところ

かなり幸せを手に入れることができた。

 

もしこれから焼肉行こうと思っている方で牛角なんていかねえよという方がいたら

もう一度だけトライしてみてはどうか?

 

結構美味しくて満足できると思うのだが。

家事は妻のレベルに至らない夫の反省

今週のお題「サボりたいこと」

 

基本的に家事をサボりたいとおもってしまう。

妻が主体的にやってくれていることに感謝しつつ、邪魔したくないと思いつつ

手伝わなきゃと思いつつ、手伝うという発想自体がもはや受動的だと思いつつ、一応やっておきました程度ではかえってやらないほうがよいと思われることもあったしと思いつつ、じゃあ文句言われないように完璧にこなせばいいだろと思いつつ、あとでやればいいやとかそこまでやらなくてもいいやとどっかで思いつつ、そんな風だからきっと同じレベルで取り組むことは不可能だろうと思いつつ、それって私が職場で部下に求めることや不満に思うことと同じだよなと思いつつ

 

結局サボりたくなってしまう。

 

本日はトイレ掃除を自発的にしましたが

たった一つ自発的にやったからって「やってくれたこと」としてカウントされると思うのは甘い。

あれもやっていない、これもやっていない、とそっちのカウントが加算されていくばかり

 

世の男性が家事に意欲的になれないのは妻のせいだ!なんて言い切ったらとんでもない話だが、やはりスタートラインで「全部自分でやる」くらいの覚悟と宣言をして行動を続けるようでなければ家事をやっている!と言い切れる男にはなれないのだと思う。

 

出産に立ち会った際に、自分に何もできないことを痛感した。その代わりできることは全部自分がやろうと心に決めたはずだった。その時の気持ちは決して嘘ではなかった。

その気持ちを忘れたことなどいっときもないはずなのに、できていない至らない私だ。

 

今日は母の日だった。妻は私の母ではないのだが、息子を媒体にして感謝の粗品を受け取っていただいた。そんなものでごまかしてはいけない。

 

今からできることはなにか?

 

そう多く思いつかないが、除湿機のタンクに溜まっているかもしれない水を捨ててこよう。

ルンバのゴミも溜まっているかもしれない。

 

あ、洗濯機のゴミもか。

 

やることはいくらでもある。毎日誰かがそれを。

 

これは愚痴記事ではない。反省だ。

サウナリベンジするも、またもやととのわなかった

またサウナに行ってきた。

 

前回、水風呂の後に外気浴する前に体をよく拭くという行為を飛ばしていた反省をいかし

今回はしっかりと水風呂後に体の水分を拭き取り、それから外気浴に挑んだ。

 

結果

 

ととのわなかった

 

いや、わかんねえ

ととのっていたのかもしれないけど

自分としては、そんなに大袈裟な幸福感に襲われるようなことはなかった

なんなら前回とさほど変わらない。

 

ものすごく、すこーしだけ外気の風が気持ち良く感じたような気がしなくもないが

それって単純に気温、気候のせいじゃないのかな?と

 

サウナ5〜7分

水風呂60秒

外気浴

 

2セットやった

 

一番気持ち良いと感じたのは、外気浴してから少し冷えてきたかな?と感じてから入る温泉だった。

これは最高体験だった。

 

まあ、気持ちよかったのは間違いない。ととのうとかととのわないとかもう考えないことにしてサウナをこれからも楽しもうと思った。

 

でも、やっぱり得ていない体験が残されているのなら、やっぱり体験してみたい。

こうなると残された技としては、達人と一緒にサウナに行くしかないかな。

達人と一緒に行って、その人の言う通りこなしてみよう。そんな機会あるのかな?

 

 

ところで、こんかいはじめてサウナハットを被っている人に遭遇した。

少々戸惑ってしまったが、後で調べてみたらあれはいろんな機能を兼ねているのだな

頭皮の乾燥を防いだり、のぼせないようにしたり、コミュニケーションのきっかけにしたり

 

いろいろだ。

住みたいところ

今週のお題「好きな街」

 

昔は東京都国立市に住みたかった。

 

とくに理由もなく漠然と思っていたが、もう叶わぬ夢となってしまった。

 

いま住んでいるところに不満があるわけでじゃないが

もしどこかに移住が許されるのなら知り合いが誰もいない土地に行きたい。

 

そんな風に思うのだ。

知り合いの店で飲む

知り合いの店に知り合いを連れて飲みに行った。

 

単なる知り合いではなく、仕事上でとても私では叶わない仕事のできる尊敬できるある意味目標のような知り合いのみせに、昔は尊敬していてこんな人の下で働きたいと思っていたがいざ一緒に働いてみたら色々と荒が目立つ知り合いと一緒に行ったときのはなしだ。

 

 

結局、いい感じに酔ってくるのかと思うタイミングでも、仕事の話になるので酔いが覚める。

 

酒もフードもうまいのに、崩れることができない酔いの席。

 

何を求めて私は動くのか

自分をどこでどう見せたいのか?